森ひかるは世界のトップレベルの高く美しい技「トリフィス」で金メダルを狙います。

森ひかるのプロフィール

生年月日:1999年7月7日

出身地 :東京都足立区

身長  :159㎝

体重  :51㎏

高等学校:金沢学院高等学校

大学  :金沢学院大学スポー学ツ健康学科

所属  :金沢学院大学クラブ

家族  :両親・兄2人(双子)晴太郎・輝太郎

 

とても愛らしいご兄妹ですね。

 

 

トランポリを始めた理由とは?

地元にあるイトーヨーカドーの屋上にあったトランポリンで

遊んだのが最初で、なんて面白いのだろうとトランポリン教室に

4歳年上の兄達と通うようになったそうです。

 

小学校・中学校は足立区立扇小学校・江北中学校(現 江北桜中学校)

出身で生粋のあだちっ子だったのですが、高校の時トランポリ王国と

名高い石川県にお母さんと移住、金沢学院高等学校に編入しました。

 

森ひかるは2008年に全日本ジュニア選手権低学年の部で優勝しています。

 

2011年の世界選手権11~12歳の部でも優勝しました。

 

2013年(14歳)史上最年少で全日本選手権で初優勝

 

高校選手権の個人、団体、シンクロナイズドでは2年連測3冠達成!

 

2018年アジア大会(インドネシア・ジャカルタ)個人で銀メダルを獲得!

 

2018年世界選手権では宇山芽紅とペアでシンクロナイズドで金メダル
個人では 5位入賞を果たしています。

 

2019年世界選手権(有明体操競技場)では団体同種目史上初となる金メダル獲得!

 

さらに個人でもオリンピックを含めた国際大会に於いて男女を通じて日本人選手

 

初の金メダルを獲得しました。

 

 

森ひかるの笑顔は、天真爛漫の言葉がぴったりと当てはまりますね。

 

自分達も願わくば、こうありたいものです。

 

でも、この笑顔の裏には端から見ていても分からない程の、血のにじむ

 

努力と練習量が隠されているはずです。

 

 

森ひかりが挑む世界のトップレベルの技『トリフィス』とは

 

「難度点=Dスコア」⇒苦手

 

「演技点=Eスコア」⇒世界トップクラスの実力者です

 

「移動点=Hスコア」⇒苦手

 

「跳躍時間点=Tスコア」⇒世界トップクラスの実力者です。

 

難易度を上げる為にやった事、それはひねりを加えた3回宙返り「トリフィス」です。

トランポリンは異なる演技を行う10回のジャンプの中になんと2回「トリフィス」を

とりいれました。

 

ひざを曲げない「屈伸型」、ひざを曲げて胸の前で抱え込む「かかえ込み型」。

元々、森ひかるは中学生の時に3回宙返りを武器にしていましたから、その時に

戻った感でしたね。

 

過去の試合では1回目のジャンプで「屈伸型」、3回目で「かかえ込み型」の「トリフィス」を

成功しましたが、7回目の演技後、着地に失敗、大技を狙って高く跳び過ぎた為に

ジャンプのタイミングが合わなくなっていったからです。

 

着床位置はなんと1×1メートル、最高到達点から見ると50センチ四方くらいの

感覚だそうです。

この試合では準決勝敗退でした。

 

有明体操競技場で「トリフィス」を2回とも決める

高く美しい演技を披露して優勝しました。

苦労が報われた瞬間でもありました。

 

 

双子の兄でもある晴太郎さんと輝太郎さん

お兄さん達はひかるがお母さんと共に石川県にトランポリン留学

した時も、東京でお父さんと暮らしていたそうです。

ひかるの良き理解者だったんですね。

 

晴太郎さんはひかると同じトランポリンの強化選手に選ばれる位の

選手でした。

現在の様子は、情報が余りなく分かりませんが、妹のオリンピック

出場を誰よりも喜び、応援してるでしょう。

 

トランポリン2020東京オリンピック代表選手森ひかるについて

書きました。